千葉で葬儀・・・参列者がいない

千葉で葬儀をするにも高齢者の1人暮らしで、身寄りがいないという場合、葬儀をしても参列者がいません。

こういう場合はどうなるのでしょうか?

・参列者がいない場合

少子高齢化が深刻化している事もあり、身寄りのない高齢者のひとり暮らしの方も千葉で増えています。

この場合親族がいないため、一般的な葬儀は行えません。

身寄りのない人は、法律に基づき火葬を行いますが、葬儀は行われません。

孤独死の場合は死亡してから発見されるまでに時間がかかる事も多く、すぐに火葬を行うケースが多いです。

火葬をするのは自治体となり、親族がいた場合は先に火葬を行い、その後葬儀を行うという事もあります。

・遺骨はどうなる?

親族がいても千葉から遠いので遺骨を引き取れない、身寄りがないので遺骨を引き取る人がいないという場合、自治体が遺骨を管理します。

しかしずっと管理するのも難しいため、一定の期間が過ぎると無縁塚などに埋葬される事になります。

無縁塚というのは、身寄りがない人の遺骨や、遺族がいても引取りを拒否するような場合に、まとめて埋葬するところです。

一度無縁塚に埋葬された遺骨は、後から取り出すという事ができません。

・まとめ

少子高齢化や核家族化が増えている事もあって、高齢者の孤独死は増えています。

この場合は葬儀を行う事ができません。

遺族がいても、遠い親戚となると葬儀をしても、遺骨の引き取りを断る事も多いようです。

この場合、遺骨は無縁塚に埋葬されますが、自治体が責任を持って埋葬します。

★葬儀についてこちらもチェック>>http://www.besplatneigrice.net/