千葉でも新しい葬儀のかたち

海外には様々な葬儀の風習があります。

◆オススメサイト・・・>海外のお葬式はどのように行われている?|HowTravelニュース

もちろんここ日本も、地方や地域によって葬儀の風習が異なります。

千葉でも家族葬や直葬など、以前はあまり聞かなかった葬儀のスタイルが増えています。

「ゼロ葬」という呼び方をされる葬儀もあります。

・ゼロ葬とは?

0葬やゼロ葬と言われている葬儀のスタイルは、火葬をしたらそこで葬儀が終わるという考え方を取り入れています。

ある宗教学者が出版した本が元になっていますが、火葬をした後、遺族は遺骨を受け取らずに火葬場に処分を任せるというものです。

火葬した後は遺族が骨を拾い、骨壷に入れ持ち帰るのが一般的ですが、地域によっては遺骨を引き取らなくてもいいというところがあります。

葬儀の後は遺骨を一定期間安置して、墓に埋葬しますが、それまでやその後も法事や法要が続き遺族は負担を強いられます。

遺族の負担を軽くするというのが、ゼロ葬です。

・遺骨の行方

火葬後に遺骨を拾うにしても、ひとつ残らず持ち帰るわけではありません。

一部は骨壷に収めますが、どうしても部分的に残ってしまうので、残った遺骨は火葬場で処分されます。

ゼロ葬の場合は、遺族が遺骨を持ち帰らないので、火葬場が処分する事になります。

一般的廃棄物として扱われますが、倫理的な問題もあって、遺骨は遺族が持ち帰り、墓に埋葬するのが望ましいとされています。

遺骨は専門の業者がいるので、業者日託されます。

・まとめ

最終的には自治体が管理する墓地や、寺院などにまとめて埋葬されます。

いろいろな葬儀がありますが、一般的な葬儀ができない事情もあり新しい形が選ばれる事も増えています。

Comments are closed.